プロフィール

わたなべ由美

  • モテボディダイエットプログラム考案
  • フラ&タヒチアンダンス教室
  • スタジオカマカニ主催

きっかけは美ボディ

いくつになってもキレイでいたい人が、朝5分フラダンスを踊るだけでモテボディになる。

人や運を引き寄せるモテる私になる。

1967年 宮崎県生まれ 千葉県在住 明治学院大学 英文学科卒。

フラを学び26年。

オアフ島カイルアのクムフラChinky Mahoeに師事。Kawaili’ulaスタイルを学ぶ。Kawailehuamamo所属。

 

2009年 フラ&タヒチアンダンス教室 スタジオカマカニ設立。

10年間で、延4万人の女性達、1万人以上の子どもたちにフラとタヒチアンダンスを指導。 いくつになってもキレイでいたい女性達が、レッスンを受け続け、笑顔や姿勢、体型が変わり、イキイキと家庭や職場、趣味の世界で活躍をし始める。

体の使い方で女性を外側から美しくするレッスンに、高い評価を得ている。

レッスンを受けて輝きはじめる生徒の変化に大きな喜びを感じ、3ヶ月の集中型講座、『モテボディダイエットプログラム』を独自で開発。

自分の強みを仕事やライフワークに生かせる女性を増やしていくために活動の幅を広げている。

私生活では、高3の息子と愛犬と海辺の生活を満喫中。

受賞歴

  • 2015年 茅ヶ崎マカナ フラコンペティション  カヒコ(古典フラ)3位 ワヒネ部門 入賞
  • 2019年 タタウラア タヒチアンダンス グループ部門優勝
ストーリー

はじめまして、わたなべ由美です

私がフラ&タヒチアン教室Studio Ka Makani の設⽴と3ヶ⽉集中講座モテボディダイエット開発に⾄ったこれまでのストーリー
について書きます。

・【キャリアウーマンの理想と現実】
・【好きなことでは⽣きてはいけない?!】
・【幸せを求めた結婚が⼈⽣最⼤の危機へと変わる時】
・【フラに恋して】
・【⼈⽣を変える運命の出会い】
・【誰かの求めに応えるうちに好きなことが仕事に】
・【⼈⽣を引き上げるキレイの⼒】

いくつになってもキレイでいたい⽅、好きなことで⽣きていきたい⽅、⼈⽣の次のステージをどう⽣きていけばいいか迷っている⽅へ、私の失敗や経験がみなさまのより良い⼈⽣へのヒントになればと思います。

 

【キャリアウーマンの理想と現実】

仕事⼈間の⽗と専業主婦の⺟という、ごく⼀般的な家庭で育った私は、⺟からは、家庭を育むという価値観、⽗からは仕事に情熱を捧げ、社会に貢献するという価値観を受け継ぎました。

⼦供の頃から、⾃分の才能を発揮しながら、円満な家庭を作ることに憧れ、それが⼥性の幸せだと信じていました。

その夢を実現させるために、⼤学在学中は、⼤学の他に、英語を習得するための専⾨学校へ。

アルバイトで、専⾨学校の学費を稼ぎながら、ダブルスクールで学んでいたので、学⽣時代はとても忙しかったのですが、その努⼒が実り、⼤学卒業後は、憧れの会社に総合職⼊社し、海外部⾨でキャリアをスタートさせることができました。

能⼒の⾼い同僚や先輩、上司に囲まれ、何度も⾃分はだめだ!と思いながらも経験や実績を重ね、会社にも貢献できるようになり、評価されるようになるにつれて、周りが⾒えるようになると、あることが気になり始めました。

私が目標とする、同じ総合職の先輩女性社員の現実が、私が憧れていたものとは大きく違っていたのです。

当時は総合職が始まったばかりで、お茶汲みOLという言葉が普通に使われ、女性の能力があまり評価されていない時代でした。

男女雇用機会均等法によって、総合職性制度が生まれたのですが、総合職の場合は、女性が会社の管理職になる事を期待され、企業活動の中心となる業務に関わります。

そのため、男女差なく移動や転勤があり、私の場合は海外部門ということもあり、海外駐在が当たり前の部署でした。

そんな中、同じ海外部門で活躍をする女性社員は、ほとんどが独身か、主夫業のパートーナーを持つ方々だったのです。

唯一お子さんがいた先輩は、フレックスタイム制度を利用しながら、子育てと仕事を両立していたのですが、同僚からは、常に必要な時にいないと批判されていました。

キャリアウーマンになれば幸せになれる、と思っていたのに、このまま会社でキャリアアップをしても女性としての幸せはここでは手に入らないと思った私は、子育てをしながらでも働けるような技術を持ち、自分の力で生きていきたいと強く思うようになりました。

 

【好きなことでは生きてはいけない?!】

そこで、専門技術で生きていこうと決心して退社。

ビスクドール作家の道を選び、専門店やネットでの販売をスタートしました。

これから好きな事を仕事にして生きていく。自分の力で生きていく。と期待に胸を膨らませて。

作品販売の他にも、師事していた人形作家のアシスタントとして、講座で指導したり出版のための撮影を手伝いをしていましたが、それだけでは食べてはいけず、小物や雑貨を制作しては百貨店やギャラリー、雑貨店に持ち込み委託販売をしてもらいました。

売り込みをしたり、公募展に出品したり、講座を開講したり、様々な活動を続けましたが、売り上げは伸びず、好きなことでは生活できないという
厳しい現実に自信をどんどん失っていきました。

意気揚々と
「好きなことで生きていきます!」
と会社の同僚や先輩、上司に宣言し、
「お前ならなんかやるだろうな。楽しみにしてるよ。」
と期待の言葉とともに送り出してもらったのに、こんな事では合わせる顔がありません。

そして一番悩んだのが、親の期待を裏切ってしまった。ということでした。

 

【幸せを求めた結婚が人生最大の危機に変わる時】

特に母の期待を裏切ってしまったという罪悪感。

子供の頃から母の期待をいつも感じ、母の時代には叶わなかった、キャリアウーマンという夢を果たしたのに、あっさりと捨ててしまった。

母の夢を壊してまで進んだ結果がなんとも情けないものとなり、「こんなことなら、会社を辞めなければ良かった」と後悔するようになりました。

そんな中、会社員時代にプロポーズされていた男性と結婚しました。

自分の力で生きていくことの厳しい現実に自信を失いつつも、円満な家庭を手に入れる事で幸せになれると思ったのです。

けれども、やはり心の奥底では能力を発揮して自分の力で生きていきたいという強い思いがありました。

結婚後も人形作家活動の他にも、スイミングのコーチや派遣社員となり、自立できる方法を模索しながら、妊娠、出産を経験しました。

母親として子供に最高の環境を与えたいと、食や環境に強い関心を持ち、勉強し、実践するようになり、子育て中心の生活に変化していきました。

ところが、夫のリストラや、病気など次々と家庭に危機が訪れます。

子供はまだ2歳。リストラの後はなかなか就職できず、なんとか就職しても続かない。

夫婦間のコミュニケーションはなくなり、お互いに不信感だけを募らせる…

経済状況の悪化とともに、夫婦関係もおかしくなり、家庭崩壊の危機に陥りました。

経済的な危機と家庭崩壊。

八方塞がりで将来への不安ばかりが募っていきました。

そこで、経済的な問題を解決するために、人形の販売と教室のためのアトリエをオープンしました。

けれども、経費がかさみ、赤字続き。経済的な危機を脱するどころかさらに悪化させることになります。

このままでは一家が路頭に迷ってしまう…
両親からの援助を受けながらの生活…
情けない気持ちで過ごす毎日…
息子の将来はどうなるのだろう…

今振り返っても、人生最大の危機でした。

「自分の力で生きていく、なんて考え自体が甘いのでは?」
「好きな事を仕事にするなんてやってる場合ではない」
「親として子供の未来への責任があるのに、自分の夢をもつなんて無責任なのかも?」」
という罪悪感に葛藤する毎日。

結局、アトリエをたたみ、安いレンタルスペースで教室をするなど経費を抑えつつ、人形製作をして販売するようになりました。

 

【フラに恋して】

「もうこの世の中から消えてしまいたい。」

毎日、暗い気持ちで、笑うことも出来なくなっていた私が、唯一笑顔になれたのがフラを踊っている時でした。

若い頃から、水泳やフラ、タヒチアンダンス、サーフィンが趣味だったのですが、子供が生まれてからも唯一続けていた
のがフラでした。

フラは長年の訓練で、踊る時は条件反射で笑顔になります。

フラを踊っている時だけは、自信を失い、罪悪感や葛藤に揺れながら日々を過ごす私が、唯一、心が解き放たれ、自信を持てたのです。

音楽と笑顔、優雅な動きで自分の奥深いところに埋れてしまった、女性らしさを感じることができました。

それがフラだけはどんな状況になっても続けていた理由です。

フラは趣味だったサーフィンがきっかけで、ハワイで出会いました。

恋するように夢中になり、妊娠、出産後も変わらず続け、その情熱はいつまでも続き、もっと知りたい、もっと上手くな
りたいと、産後も0歳の息子とともにハワイに通い習い続けました。

 

【運命を変える出会い】

子供が幼稚園に入ってからは、一人で黙々とハワイに学びにいくだけでなく、子供や仲間と一緒に楽しみたいと親子サークルに入会。

すると私のフラを見たママ友たちからフラを教えて欲しいと頼まれるようになりました。

10年以上のキャリアがあるとはいえ、フラはとても奥が深く厳しい決まり事もあります。

「教えるなんてとんでもない!」と断っていたのですが、有難いことにどうしても教えて欲しいと説得され、基本的なことだけならと、教えるようになりました。

この時のママ友は10年経った今でも生徒さんとして通い続けてくださってます。

この時の出来事を思うと感謝の気持ちでいっぱいになります。

このママ友たちとの出会いがなければ、今の私はいません。

運命を変える出会いでした。

これが人生のターニングポイントとなったのです。

 

【誰かの求めに応えているうちに好きなことが仕事に!】

はじめは、数人のママ友だけでしたが、口コミでどんどん増えていきました。

ママが子供にも習わせたいと子供クラス開講の要望や、カルチャーセンターなど、あちこちから講座開講依頼が来るようになり、一つ一つの依頼に応えていくうちに、今のフラ教室の形に。

女性としての幸せを求めてキャリアウーマンから、人形作家となり、結婚もしたのに、好きなことで生きていくことも、円満な家庭を持つことも上手くいかず自信を失い、どうすれば良いのかわからなくなり途方に暮れていた。

そんな時に私の能力を求めてくれる人がいる。
しかも大好きなフラで!

求めてくれる人の期待に応えたい!役に立ちたいという強い情熱に突き動かされ、フラの技術と知識を高めるために、ハワイで文献を調べ、フラに関するあらゆる本を買い、様々なワークショップやセミナーに通いながら、研究と実践を重ねました。

そして、現在の私の師であるクムチンキーマホエに出会います。

ハワイでも日本でもフラをする人なら誰もが知っている世界的に有名なクムフラ(フラの先生)です。

クムチンキの優雅で空気が動くような芸術的な美しいフラに衝撃を受け、何度も教えを請いながらハウマナ(弟子、生徒)になれるチャンスを伺い、ようやくクムチンキにハワイや日本で指導していただけるように。

世界のチンキと呼ばれる、芸術家でもあるクムチンキの指導はとても厳しく、何度も挫けそうになりますが、クムとの出会いで劇的に私のフラが変わりました。

同時に、体幹や下半身を強化しなければ、クムのフラが踊れないことも思い知らされました。

そこでフラで体幹と下半身を鍛えるメソッドを作り、レッスンに取り入れ、生徒さんたちと一緒に実践していきました。

生徒さんたちと一緒に成長しながら、少しづつお祭りやフライベント、地域のイベントで披露するように。

すると今度は、舞台を見た方や、当時発信していたブログを見てくださった、様々な団体や企業、ホテルや商業移設から踊って欲しいと声がかかるようになったのです。

 

【人生を引き上げるキレイの力】

ホテルやショッピングモール、レストランや企業パーティーなど年間を通して、頻繁に人前で踊るようになった私たち。

誇らしくて嬉しくてたまりませんでした。生徒さんたちにステージの上で美しく輝いてほしい。

けれど、生徒さんたちはみんなママやOLさんなど普通の人たちなので、どれほど練習しても舞台に上がると、緊張して実力が発揮できません。

練習では上手くいくのに、とガッカリしている姿を見ては、どうすれば彼女たちが自信を持って舞台に上がれるのだろうかといつも考えていました。

そこで、少しでも自信につながればと、踊りだけでなく、美しい姿勢、立ち方、歩き方を指導するように。

綺麗や美しさは女性に大きな力を与えてくれます。

美しさに徹底的にこだわり、体幹や下半身の強化メソッドによるフラレッスンに加えて、ボディメイクのための自重トレやストレッチもレッスンに取り入れました。

笑顔が苦手な人のためには笑顔や表情筋トレーニングのレッスン。

メイクが苦手な方のために、メイクレッスンを。

フラやタヒチアンダンスだけでなく、女性が美しくなるためのあらゆるセミナー、レッスンで学び、時間とお金を投資して研究を続けています。

学んだ事を日々、レッスンに取り入れて、様々なタイプや年代のたくさんの女性たちの一人一人の悩みやコンプレックスを解消できるように
メソッドと指導法を改善し進化していきました。

レッスンを受け続けた生徒さんたちは表情が変わり、見た目が変わり、いきいきと輝いていきました。

すると、特技や趣味を生かして教室を主宰したり、好きな仕事に就職したりと、能力や才能を発揮して活躍する生徒さんたちが増えていったのです。

このことで、キレイは人生を引き揚げてくれる事を確信した私は、10年間、研究して改良を重ね独自開発したメソッドを3ヶ月の集中講座「モテボディダイエットプログラム」にしました。

ですので、ダイエットプログラムにもかかわらず、その中身は表情筋トレーニングやウォーキングトレーニングも含まれており女性を美しく輝かせることがゴールとなるプログラムとなっています。

なぜモテをプログラム名につけたのかというと、自分で作り上げたキレイの力は、人も運も引き寄せる、人にも運にもモテる事を確信したからです。

それは長年、このメソッドを実践している私や生徒さんたちが日々実感しています。

目標に向かって一直線に努力していた時は叶わなかった夢が、役に立ちたいと楽しく続けていくことで叶えることができました。

自分一人の力でできることは限られています。
人や運が人生を大きく変えてくれる事も四半世紀の失敗と挫折の経験を通して学びました。

ようやく自分にとっての幸せの定義にたどり着くことができました。

信頼できる仲間と、切磋琢磨しながら、人として美しく、愛と喜びを循環させながら成長していく事です。

その事をこれからもフラ&タヒチアンダンス教室、そしてモテボディダイエットプログラムでお伝えしていきます。

Copyright © わたなべ由美 きっかけは美ボディAll rights reserved.