正しさは美しさを伝えるための手段であって、目的ではない!



フラはソロもありますが、グループで様々なフォーメーションを組みながら踊るところに魅力と醍醐味があります。

群舞の踊りには正確なライン取りと角度、タイミング取りが欠かせません。

ここで必ず問題となるのが、私は間違っていない、私は正しい、という意識。


真面目な人ほど、真剣であればあるほど、正義を求めます。そして正義はすごい後ろ盾になってくれるので、ついついふりかざしがち。

「私は正しい」と思った瞬間から、そうじゃない人を攻撃することになります。


それを回避してくれるのが、「笑い」です。

笑いがスルッと嫌な気をかわしてくれ、余裕を生みます。

今回、コンペのレッスンでは、大切なことを伝えるときには「笑い」とセットにすることを心がけました。

もしかしたら、真面目な生徒さんは、先生は熱心に指導してくれない、と不安に思ったかもしれません。

メンバーには「正しい」ことより、「お互いを感じる」ことに意識を向けることを伝えました。

正確さは大前提ですが、フラの優雅な美しさを伝えるための手段であって、目的ではないことを繰り返し指導しました。


そしてもう一つのレッスンにおけるこだわり。

本人たちの気づきを待つこと。

気づきがあって、はじめて学びが身につきます。

答えをすべて教えてしまうことで、気づきの機会を奪ってしまいます。

今までは、事細かにすべてを完璧に指導しようとしましたが、受け身でいる限りは、何度繰り返し練習しても、自分のものにすることは出来ません。

自分たちで考え動くことで、学んだことの結果が大きく変わります。

その2つを、今回のコンペレッスンでは意識してレッスンをしてきました。

最後にもう一つ。

信頼と尊敬が、メンバー間そして、指導者と生徒達の間に生まれたら最高だなぁと願っています。





ブログランキングに参加してます

こちらをポチッとお願いします(*^^*)

体験レッスン随時受け付け中です。

カマカニの体育会系レッスンが気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね(*^^*)

Follow Me

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください