美ボディは何歳からでも作れる!自分に言い訳させずに行動させる方法

40代に入った頃から感じる体の変化。

少し太ったかな?と気付いてダイエットするものの、以前のようには元に戻りにくくい。夕食を軽めにしても、体を動かしてもなかなか戻らない。

50代に入ると、頑張っても努力してもちっとも体重は落ちない。

落ちるどころか、食事も気にしてるのに、むしろ少しづつ体重が増えていく。

体重計にも乗らなくなり、現実逃避を始める。

「食べたいものも食べられない人生なんて」

「今日は食事会だから」

「大好きなスィーツをいただいたから」

「今日はちょっと頭痛がするから」

「今日はものすごく忙しいから」

など、ダイエットを【今日はしない】言い訳とともに、なりたい自分からどんどん遠ざかる

今日は、自分に言い訳をさせず、行動を起こさせ、美ボディ作る方法を紹介したいと思います。


なぜ言い訳してサボってしまうのか?

人間はもともと怠惰な生き物です。

自由な時間があればいくらでもサボってしまいます。

正しいことが分かっていても、なかなか行動に移すことが出来ません。

なぜなら、人間の脳は変化を嫌い、それに抵抗しようとするからです。

ホメオスタシスと呼ばれる現状を維持しようとする働きがあります。
変化した時に、元に戻そうという働きが起きます

無意識に慣れ親しんだ心地良くない現状を選んでしまうのです

私も、以前は、新年、4月1日、お誕生日になると、『よし!今日から目標達成のために頑張ろう!」と計画を立てるもののなかなか行動が伴わず、目標達成ができませんでした。

朝のルーティンを作る

私には毎朝決まったルーティンがあります

それは、朝、1曲踊ることと表情筋トレーニング

そして

1日の行動計画表をホワイトボードに書き込むこと

どんなに眠くても、朝、音楽に合わせて踊ると一気に気分が上がります

朝、気持ち良く体を動かすと、その日1日気分良く過ごせる上に、何よりも、1日代謝が上がった状態で過ごせます。

朝のルーティンでは、それほど頑張らなくてもできる軽いエクササイズから始めてみてくださいね。少しづつ小さな習慣を重ねることで、大きな違いが生まれます。

行動計画表をつくる

朝のエクササイズの後にすっきりした気分で、いつも目に入るところに置いてあるホワイトボードに今日の行動計画を書きます。

たとえば減量をしたい場合は目標体重を書いて、現在の体重を書く。

いつまでに何キロ そのために今日は何をする

といった行動計画を具体的にかきます。

そして1日の終わりに、今日の行動計画が実行できたか、検証します。

そして、良かった点、改善すべき点などを踏まえて、明日の行動計画を考えます。

何も考えない  

あとは朝のルーティンと行動計画をただ実践するのみ

なにも考えない

選ぶ余地がなく、迷わずにすむから、無駄に時間も使いません

迷う時間は、行動が止まってしまうので最も無駄な時間です。行動しない限りなにも変化は生まれません。

今日の行動が明日の美ボディを作ります。

あれこれ考えず、迷わず、作成した計画を実行する

この方法で、私は今が一番「なりたい自分」です。

美ボディはいくつからでも作れます!

朝のルーティンと行動計画表を作ったら、あとはなにも考えない!行動するのみ。

ぜひやってみてください!




ブログランキングに参加してます

こちらをポチッとお願いします(*^^*)

体験レッスン随時受け付け中です。

カマカニの体育会系レッスンが気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね(*^^*)

Follow Me

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください